妻や身内がブラックだと、審査に通らないのでしょうか?

Pocket

「妻の借金で住宅ローン審査に落ちることって、あるのでしょうか?」

「夫に内緒にしていますが、私はいわゆるブラック状態です。審査は大丈夫でしょうか?」

「義父が自己破産しています。審査に通るのは厳しいのでしょうか?」

思わず小さな声になり、こっそり聞かれることが多いのがこれらの質問です。

 

結婚前にブラック状態になっていて、いまさら夫や妻には話せない・・・

そういう方も結構いらっしゃいます。

結論からお伝えします。ご安心ください!

住宅ローン審査では、契約形態さえ気を付ければ、配偶者の個人信用情報が問題になることはありません

ただし、いくつか注意点もありますので、以下のコラムでお伝えしていきたいと思います。

■住宅ローンは申込者のみが審査の対象

上でも説明しましたが、身内にブラック状態の人がいても、基本的に住宅ローンの審査では問題になりません

その理由は、住宅ローンの審査対象が「申込者のみ」だからです。

よく、「私の個人信用情報も調べられるのではないか・・・?」と奥様からこっそり(!)相談されることがありますが、そんなことは出来ません。

個人信用情報は厳重に管理されており、本人の同意がなければ勝手に調べることはできないのです。

住宅ローンの申込者であるご主人である場合、ご主人は申込時に個人信用情報照会に関する同意書にサインし、金融機関から照会することが可能になっています。

一方で、奥様に関しては、このような同意書を取り付けていないため、勝手に照会することは出来ないし、信用情報機関からも情報提供はなされません。

もちろん、同居しているご家族や、親戚等の身内についても同じです。問題はありません。

 

■連帯保証人、連帯債務者になる場合は要注意

「住宅ローン審査は申込者本人のみが対象」というルールですが、重要な注意点もあります。

たとえば、奥様がブラック状態の場合であって、かつ、住宅ローン契約の連帯保証人や連帯債務者になる場合には、審査に影響を与えてしまいます。つまり、審査に落ちる可能性が高いということです。

住宅ローンの審査では、連帯保証人や連帯債務者を設定する場合には、その人たちの審査も同時に行います。

具体的には、申込者と同じように同意書を書いてもらい、個人信用情報の照会を行うのです。

ブラック状態である妻が連帯保証人や連帯債務者になってしまうと、個人信用情報を調べれば、それが判明してしまいます。

連帯保証人や連帯債務者は、住宅ローンの申込者が返済を続けられなくなったときの回収先として重要な人物になります。

したがって、その人物の個人信用情報に傷があると、審査を通すわけにはいかないのです。

したがって、

・夫婦の収入合算で住宅ローンを組む場合

・夫が単独申込者でも、妻に土地や建物の共有持分を設定する場合

・ブラックリスト状態にある身内が提供した土地に家を建てる場合

などは、審査に通らない可能性が高いので注意が必要です。

 

■借入金融機関が重複しないように注意する

もう一点の注意事項です。

これは“念のため”ですが、奥様がブラック状態になったときに迷惑をかけた金融機関とは縁のない(グループ会社ではない)金融機関で住宅ローンを組むようにしましょう

本来、グループ会社であっても個人情報を共有してはいけないルールなので、身内にブラックリスト者がいることは判明しないはずですが、念には念を入れた方が良いと考えています。

ただし、奥様が借金を延滞している銀行そのもので住宅ローンを組もうとすれば、審査に通らない可能性が高いので注意してください。

もしすっかり忘れていて、同じグループの金融機関で住宅ローン審査を受け「妻の借金が原因で落ちたのかも・・・」と想定されるような事態になってしまったらどうするのか???ですが・・・

また別の金融機関で審査を受ければ問題にはなりません。

個人信用情報でも照会しない限り、他の系列の金融機関にまで奥様の借金がばれることはないからです。

したがって、この項目に関しては、あまりナーバスになる必要はなく、あくまでも“念のため”に頭の片隅に入れておかれると良いと思います。

 

■まとめ

住宅ローンは申込者のみの審査するため、奥様や身内がいわゆる”ブラック”といわれる状態でも、基本的に影響は与えません

ただし、

・ブラック状態の人を連帯保証人や連帯債務者にしないこと

・念のため、ブラック状態の人が借入している金融機関で住宅ローンを組まないこと

これら2点に注意して審査を受けるようにしましょう。

住宅ローン比較サイトのご紹介

住宅ローン

コメントは受け付けていません。