税金を滞納した場合、住宅ローン審査は通らないのでしょうか?

Pocket

住宅ローン審査では、各種の延滞や滞納あるいは金融事故が調査対象となり、それが判明すれば審査に通らない可能性が高くなります。

延滞に関してよく質問を受けるのは、

・公共料金

・健康保険料

・税金

・年金

・携帯電話

です。

健康保険料、年金、それから税金に関しては、給与所得者の場合、給与天引きになっているため滞納自体が起こりえません

したがって、これらの滞納が問題になるのは、自営業者のケースです。

実際、税金の滞納は住宅ローン審査にどの程度影響するのでしょうか?

本コラムでは、税金の滞納が住宅ローン審査に与える影響について解説したいと思います。

■納税証明書は住宅ローン審査の必須書類

税金を滞納すると住宅ローン審査に落ちるのか?

結論からお伝えすると、確実に落ちます。。。

理由は簡単で、あなたが税金を滞納していることはすぐに判明するからです。

個人事業主(自営業者)の場合、住宅ローン審査の提出書類に「納税証明書」があります

納税証明書の記載項目の中には、「未納税額」という欄があり、もしあなたが税金を延滞している場合には、この欄に未納の金額が明記されるのです。

したがって、ここに「0円」と表記されていない以上、未納の税金が存在することになります。

金融機関からすると“税金すら払えていない人が住宅ローンの返済を最後までできるのだろうか???”という疑問がわいて当然の状況です。

したがって必然的に、住宅ローン審査の結果は残念なものに終わることになります。

■支払いが遅れがちな人はどうなるの?

では、税金の納付が遅れがちな人はどう扱われるのでしょうか?

よくある質問が、

「市県民税の納付書に書かれている納付期限までに支払うのを忘れていて、督促が来て慌てて払いました。これって問題になりますか?

というケースです。

こういうケースの場合、支払ったことは確かなので、現時点で未納の状態のものが無い限り、納税証明書の表記上は「未納税額0円」と表記されることになります。

納税証明書には未納の税金額しか記載されないため、あなたが督促に応じて税金を支払っていた事実はわかりません

つまり、住宅ローン審査でも問題にならないのです。

住宅ローン審査で納税証明書を提出させている以上、金融機関はその書類をもとに審査を行います。

したがって、納税証明書に記載が無いものに関しては、どんなマイナス要素であっても、審査結果に悪影響を与えることはないのです。

■税金のクレジットカード払いには要注意

税金の滞納に関連して、ひとつ注意点があります。

最近、自治体によっては市県民税をクレジットカード払いできるところが増えてきています

私が住んでいる地域もそうですが、「yahoo公金支払い」というyahooのシステムを通じて、税金をクレジットカード払いできるようになっています。

クレジットカード払いをする場合、納付額に応じた手数料がかかるため支払額に関してのメリットはありませんが、クレジットカードを使ってポイントやマイルを貯めている方に人気のようです。

支払い方法を多様化させることで納付率も上がっているようなので、とても良い制度だとは思うのですが、上述したようにひとつ注意点があります。

クレジットカードで納税手続きをした後、もしクレジットカードの請求日に支払いが遅れたらどうなるか・・・?

他のコラムも読まれている読者の方はピンと来たと思いますが、クレジットカード会社はCICなどの信用情報機関の会員なのです。

もし、あなたがカード請求日の支払いに遅れたら、信用情報機関に報告が行ってしまいます。

信用情報に滞納履歴が掲載された場合、税金の滞納とは比較にならないほど住宅ローン審査に通過するのは厳しくなります

税金を滞納した場合は、遅れてでも納付してしまえば良いですが、信用情報の滞納履歴は、少なくとも2年は消えません

せっかく手に届きかけたマイホーム購入を待たなければならない事態にならないよう、クレジットカード払いの際には気をつけるようにしてください。

■まとめ

以上見ていただいたように、税金の滞納は住宅ローン審査に悪影響を及ぼします。

支払うべきものを支払っていない、というのは金融機関がもっとも嫌う状況なのです。

うっかり期限までに払い忘れた場合でも、督促状が届いたらすぐに支払うようにして、マイホーム購入に備えましょう。

住宅ローン比較サイトのご紹介

住宅ローン

コメントは受け付けていません。